スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二重被爆者は「世界一運が悪い」?

Yahoo!Newsの中に、とっても悲しい記事がありました。

ふだん記事にしていることとは違いますが、せっかくブログという発信の場を設けているので、意見を書きたいと思います。

二重被爆者「世界一運が悪い」BBCお笑い番組
読売新聞 1月21日(金)20時2分配信


【ロンドン=大内佐紀】英BBC放送が昨年12月放映した人気お笑いクイズ番組で、日本の被爆者が笑いのタネにされ、在英日本大使館が抗議していたことが20日、わかった。

 金曜夜の人気番組「QI」で12月17日、「世界一運が悪い男」として、広島と長崎で二重に被爆し、昨年1月に93歳で亡くなった長崎市出身の山口彊(つとむ)さんを取り上げた。司会者が「出張先の広島で被爆し、列車に乗って戻った長崎でまた被爆した」と説明すると、ゲストらが「でも、93歳まで長生きしたなら、それほど不運じゃない」「原爆が落ちた次の日に列車が走っているなんて、英国じゃ考えられないな」などとコメント、会場から笑い声が上がった。

 この間、スタジオには山口さんの写真やきのこ雲が掲げられた。

 番組を見た在留邦人から連絡を受けた在英日本大使館は今月7日、「原爆投下の問題をコメディー番組で取り上げるのは極めて不適切で日本人の国民感情を無視している」と抗議の書簡をBBCと製作会社に送った。

 17日になって製作会社から「配慮に欠けていた」などとする返答があったが、BBCからは回答がないという。



これって、人として、モラルの問題ですよね。

私も修学旅行で平和祈念資料館を見学したことがありますが、そうやって平和学習を受けたり、当時の話を年長者から聞いて育った私たち日本人にとっては考えられないこと。

なのに、外国から見れば、核兵器なんてこの程度の認識しかないんだということに驚きました。

原爆被爆者がどんどん寿命を迎える中、懸命に語り継ごうとして尽力されているというのに。

記事によるとBBCは大使館からのコンタクトも見て見ぬふりのようですし・・・。私の中で、イギリスという国自体のイメージが下がる話題でした。

本当の世界平和なんて達成できるんでしょうか。

せめて、その番組を見ていた英国国民の人たちは、被爆者の話題に笑うような人じゃないことを願います。



私は知識が足らなくて知らないのですが、第一、亡くなって間もない人をテレビの特集で勝手に取り上げていいの?
日本の遺族に事前に連絡をとっていたら、遺族がそんなこと許すはずないと思うのですが。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 考えさせるニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

ぴぴ

Author:ぴぴ
嵐のリーダー・大野智くんの三十路突入を機に念願のブログをはじめました!
素敵なアラシック友達を作りたいなぁと思ってます(^-^)/
ぜひ足跡のこしてください☆

最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。