スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震を受けまして


被災地をはじめ、日本全国の皆様、ご無事でしょうか。

被災された方々のご無事と亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたしております。

私がブログを更新している今もなお、5mの引き波が岩手県大船渡市から福島県にかけて目視され、また、福島第一原発の3号機でも水素爆発が起きたとのことです。
情報収集のためテレビをつけていますが、これが同じ日本で起きていることとはにわかに信じがたいほどの映像が流れています。次々へと人数を増やしていく死者・行方不明者数をみていると、恐ろしさでぞっとします。
私は関西地方に住んでおりまして、今回揺れや津波の影響はありませんでしたが、今東北・関東地方で起きている様々なことが他人事には思えません。

東北地方から関東地方にかけても、まだまだ余震が続き、精神的に休まることのない日が続いていることと思います。


私が地震の発生を初めて知ったのは、バイトにいく途中のバスでTwitterを見ていた時のことでした。
みなさんが揺れがすごいと呟かれているのをみて、地震が起こったことを知ったのですが、これほどの大規模な災害をもたらすものだとわかったのはバイトの休憩時のことでした。
バイト先も海の近くでしたので、日本各地に大津波警報がでていた当時は帰宅が危ぶまれるかと思いました。

橋が通行止めにならなかったことから何とか当日の間に帰宅することができ、自宅にて初めて地震の被害の様子を知ることができました。
いろんな情報が入ってくるごとに、家に帰れないかもしれない程度で騒いでいた自分が恥ずかしくなりました。


気仙沼市出身で、今帰省中の友人ともいまだに連絡が取れていません。
今は電話もつながりにくくなっていますし、それが原因と信じたいところですが、Twitterでも地震直後からつぶやきが見られず、不安感は募るばかりです。

それでも、みなさん希望をもって応援しましょう(>_<)



私も何かできることはないかと考え、調べてみました…

まずは節電
関西地方は関東とは管轄が違い、また周波数が関西は60Hzなのに対して関東は50Hzなため、過度の節電は必要がないそうです。(大阪市長Twitterより)
しかし、全国的に電気の供給を支援するといううわさもあることですし、その時にも備えて節電に心がけたいと思います。

そして、募金
赤十字サイト・Wikiによりますと、公的機関への振込やネット募金、コンビニやスーパー等のシステム利用がベストとのことです。※該当機関・災害対策本部に届きます
今もなお物資や食料は不足しているということで、物資の供給のほうが確実に被災地に届くのではないかと思ったのですが、各配達会社(ヤマト・佐川)は救援物資の配達を停止中であり、現在国や各企業が救援物資を支援中とのことです(イオンやローソンなど)。
様子を見て必要と思えば、各県庁などに問い合わせの上、必要なもののみ送るべきと思います。

献血については、保存期間が限られているため一度に殺到するよりも時間をずらしていくほうが良いとのことです。



いろいろ調べていますと、「どうにかして助けたい」という思いが空回りすることが多いようです。
阪神淡路大震災の時も、何とか助けたいと個人ボランティアに乗り出した方々のために、現地の貴重な食料などの救援物資を費やすという事実があったようです。
流れている情報が正確なのか否か、幸いにも調べられる環境にある私だからこそ、しっかり調べて、冷静に行動したいと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴぴ

Author:ぴぴ
嵐のリーダー・大野智くんの三十路突入を機に念願のブログをはじめました!
素敵なアラシック友達を作りたいなぁと思ってます(^-^)/
ぜひ足跡のこしてください☆

最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。